2021夏、高見沢シリーズのワイン『白騎士 』のラベルが変わります!

Updated: Apr 21


全ては『白騎士』から始まった!


2019年8月、その年の2月にサンマリノ共和国から騎士の勲章、CAVALIERE UFFICIAREを授与された、THE ALFEEの高見沢俊彦さんのオリジナルワイン第一号として、『白騎士 CAVALIERE BIANCO』が発売されました。



8月3日、4日に幕張メッセ国際展示場で開催された、THE ALFEEデビュー45周年イベントの会場で予約販売開始。2日間で数千本の予約をいただき、その後も非常に人気の高いワインとして、SAMMARINESEの人気商品となりました。

サンマリノ共和国の国営ワイナリーから高見沢さんに贈られた葡萄畑『Vigna di Takamiy』で収穫された、シャルドネ100%のFRIZZANTE(微発泡白ワイン)で、ライトゴールドのワインのしずくの中で、繊細な泡がシュワシュワっと弾け、しっかりしたブドウの味わいが非常に爽やか。これからの季節には特にご注文が多くなるワインです。



その後、同じ2020年の年頭に発売された赤ワイン『CAVALIERE ROSSO 紅騎士』、そして、今年年明け早々に発売されて、数時間で完売したヴィンテージの白ワイン『NOTE DIVINO BIANCO 2016』『NOTE DIVINO BIANCO 2013』と、高見沢俊彦オリジナルシリーズは厳選されたブドウで造られたワインとして、SAMMARINESEのワインの中で、ひとつのカテゴリーを確立しつつあります。

コロナ禍で飲食の業界が厳しい状況にもかかわらず、都内の高級レストランからも、料理に合わせるワインとして是非!とお声がけをいただくことが増え、

高見沢シリーズは、いよいよ次なるステージへステップアップする段階を迎えました!


高見沢ワインの新たな世界観を創り上げるために…


「料理のコースを通してスプマンテ、白ワイン、赤ワインと楽しめるように、ワインの世界観も統一したほうがいい。『白騎士』のラベルを思い切って変えようか?」

きっかけは、そんな高見沢さんの言葉でした。


日本の漢字の美しさと、サンマリノワインの美味しさの融合……そんなイメージで、敢えて真っ白な紙に『白騎士』の文字のフォログラムの箔押しだけ。

騎士の清廉潔白、潔さと凛とした佇まいをイメージしたラベルは、とても印象的でした。

それが一つの役割を終え、新たなラベルに衣装替え。

新型コロナウイルスのパンデミックに、世界中が苦戦を強いられている今だからこそ、新しく生まれ変わるラベルにメッセージを込める……そんな意味があるのかもしれません。


ご報告します!

この夏、2020年の秋に収穫したブドウで造られ入荷したものから、『白騎士』は新しいラベルデザインで登場いたします。


デザインは現在、高見沢さんを含めてデザイナーといろいろ練っている真っ最中なので、

決まりましたらまた改めて発表いたします。


そして……


現在販売中のラベルの『白騎士』は、

ご好評により在庫があと200本ほどになりました。

これが無くなると、もうこのラベルの『白騎士』は手に入りません。

高見沢ワインのデビューを飾った、

記念すべきラベルのボトルをお手元に残したい方は、

お急ぎください。

『白騎士』のご購入はこちらから▶▶▶



そして、そして……



⭐本日4月17日は、高見沢さんのBirthday!💐


SAMMARINESEでは、フラワーアーティストの安井竜樹さんにお願いして、

ギフトボックスにたくさんの花を敷き詰めたアレンジメントで、

『白騎士』と『紅騎士』を贈らせていただきました。

早くステージができる世界に戻るように!

いつまでも素敵なタカミーでいてください。

高見沢さん、お誕生日おめでとうございます!🍷




Facebookも始まりました!▶▶




2,026 views
  • Facebook
  • Instagram