チーズで銀賞に輝いたギリシャ料理店『リトル・グリーク・キッチン』


「ジャパン・チーズ・アワード2018で、沖縄読谷(よみたん)産のチーズが銀賞を受賞!」

10月中旬、いきなりこんなニュースが飛び込んできました。銀賞を受賞したのは、読谷村長浜にあるギリシャ料理店『Little GREEK Kitchen』で作っているチーズ『マリネード読谷ティリー』。全国78の工房から出品された223点のチーズの中から見事に選ばれたものです。

このチーズは、本大会のフレッシュ・プレーン部門で銅賞に選ばれたチーズ『読谷ティリー』(写真右)を、沖縄産やギリシャ産のハーブ、スパイスをブレンドしたオイルでマリネしたもの。ちなみに、“ティリー”とは、ギリシャ語で“チーズ”のことだそうです。

ギリシャでは、羊やヤギの生乳から作る『フェタチーズ』が一般的で、このチーズも本場ギリシャのフェタチーズの製法で作られたものですが、使用するのは沖縄南城市の「親泊牧場」で飼育されている乳牛の生乳。羊や山羊の生乳にあるようなクセがなく、それでいてギリシャチーズの独特の風味を見事に再現しています。

ギリシャと沖縄が融合した、まさにここにしかない最高のチーズというわけ。

『LITTLE GREEK Kitchen』のオーナーシェフは、アメリカ生まれのパメラ・アンさん。

ギリシャが大好きで、6年ほどギリシャに住んでいたこともあるという彼女は、沖縄移住後、伊計島(いけいじま)でコンテナを改造したレストランからスタートし、2016年に読谷村にこのお店をオープンしたそうです。那覇市から車で小1時間、高台にあるレストランのベランダからは、真っ青な海が一望でき、ロケーションは最高です。

ギリシャ料理というと、あまり馴染みのない人が多いと思いますが、パメラさんの作るギリシャ料理は、とにかく絶品! チーズやヨーグルトはもちろん、パンもデザートも自家製で、肉や魚、野菜などに、ギリシャ料理ならではのオリーブオイルとオレガノをふんだんに使用しています。

パメラさんのその日の気分や、季節によって料理を考えるので、メニューはお任せのコースのみ。今日はどんな美味しいものが出てくる?……なんてワクワクも嬉しいですね。事前に予約すればベジタリアン、ビーガン、グルテンフリーにも対応。

最初に出てくるのは『ギリシャサラダ』。トマト、キュウリ、ピーマン、玉ねぎ、オリーブを、塩コショウ、オリーブオイルと自家製のフェタチーズで和えたシンプルなものですが、素材がいいからとにかく美味しい! このチーズが受賞したのも納得です。 

メインは、ローストしたチキンやポーク、ラム、ギリシャ風ケバブ、魚介のお料理がプレートに山盛りに出てきます。ハーブを使ったローストの香ばしいこと!

「ジャジキ」という、ヨーグルトで作ったディップをつけて食べるのがギリシャ流。フライドポテトも是非このディップで。今日の魚介はムール貝でしたが、ギリシャ料理ではポピュラーなイカのお料理の中で、パエリア風ご飯を詰めたイカ飯が出てくることもあるそうですよ。

ほうれん草のパイも、オリジナルのメニュー。さっと茹でたほうれん草とサクッとしたパイ生地との絶妙のマッチングです。デザートも、ヨーグルトをソースに使った、手作りの優しい甘さがうれしい。

ランチは、これらがプレートに盛られてたっぷり出てくるので、わざわざ遠くから車で来るファンも多いそう。休日はランチでも予約をしたほうがよさそうです。

次はカマンベールチーズ風チーズの開発に取り組みたい、と笑顔で語るパメラさん。沖縄発のギリシャ料理は、これからも進化し続けていくようです。




『Little GREEK Kitchen』

沖縄県読谷村長浜1189ー3 コーラルビューザンパ1F

098-989-7777

ランチ:日・月・木・金・土 12時~

ディナー:金・土 18時〜(完全予約制)

火・水曜日定休

https://www.littlegreekkitchen.com

*ランチも予約がおすすめ。

*ディナーは金・土曜日のみ完全予約制

(18時~/3,000円〈税抜き〉のおまかせコースのみ*お子様不可)

665 views

OGGI COMPANY

​サンマリノ共和国国営ワイナリー総代理店

株式会社オッジフルッタ

〒901-2202 沖縄県宜野湾市普天間1-9-6 1F

​☎︎098-893-9283

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木5-11-38 1F #103

​☎︎03-6804-6545

©2012 OGGI COMPANY